FC2ブログ

Unityを使わなくてもブラウザアプリが作れる!?Bridge.netの使い方


    〇前書き

 Unityを使わずに、C#からHTML5に変換するライブラリ「Bridge.net」のメモ書きです

 少し前からSFMLを使っていたのですが、クロスプラットフォームの利点を全然いかせてない気がして、
C#からクロスプラットフォームのHTML5に変換する方法を探していたところ、こういうライブラリを見つけました

 Bridge.netは、Google検索をしたところ、日本語情報が見つからないので、
この記事が数少ない日本語情報となるでしょうか

 この記事では、ライブラリの準備と使い方までを記述しています

    〇準備

PCはWindowsで、またVisual Studioを使っていること前提の説明です
バージョン16.8.2時点での情報です

1・まずは下のURLにアクセスします
https://bridge.net/

2・青字のDownloadボタンをクリックします
bridge_dot_net0.png

3・For Visual Studioの下のDownloadボタンをクリックします
bridge_dot_net1.png

4・緑色のDownloadボタンをクリックし、インストーラをダウンロードします
bridge_dot_net2.png


5・Bridge.NET.16.8.2.vsixをダブルクリックで起動します
6・インストールをクリックでインストールが開始されます。インストールが終わったら事前準備の完了です

    〇使い方
 準備を整えたら、Visual Studioを起動し、「ファイル」から「新しいプロジェクト」を選択すると、
項目に「Bridge.net」が出ます。そこの「Class Library」が、Bridge.netを使うためのプロジェクトテンプレートです
 このテンプレートを使って、新プロジェクトを作ったら、
コードを書いて、コンパイルすると、HTML5とJavaScriptに変換されます
(ビルド出力先の、bridgeフォルダ内のindex.htmlが実行ファイルです)

〇使用できない機能(確認できたものだけ)

DllImport属性が存在しない(よってネイティブdllは使用不可)
System.IO.Fileは存在するものの、使用はできない(実行時エラーが出る)

    〇使用感

 HTML5とJavaScriptの知識と、C#を書けるスキルがあれば問題なく使えるってところでしょうか
JavaScriptを書かずとも、C#でウェブアプリが作れるのがいいところでしょう

    〇最後に
 このライブラリだけでなく
HTML5もJavaScriptも分からないことが多いので、
もう少し検証したいと思います
スポンサーサイト
プロフィール

みにおん

Author:みにおん
c#でゲームを作る人です
web小説なども書いています

低学歴で馬鹿なのパート従業員
ですが、よろしく

相互リンク・ブロとも募集中です
コメントなどご自由にどうぞ

ホームページを見る
Twitter(個人ページ)
PIXIV(個人ページ)

○自作ゲーム一覧
ふりーむ
フリーゲーム夢幻
100%ふりげストア

・web小説
最後の時の夢

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
QRコード
QR